賭場の開帳と殺人教唆、および公営ギャンブル

賭場の開帳それ自体、刑法の法原則的に、違法だし、そもそも、それによっての殺人教唆など、かなりの重罪である。

しかも、その時のいいわけが、公営ギャンブルの存在というのはとても理解しがたい話。

公営ギャンブルというのは法的に適切な形をとって、存在経営されており、違法性がそれゆえに、軽減もしくはなくなっており、何の問題もないのである。

いちいち、俺のところに、そのごねる話をしに来るのはやめて、そのまま、警察に文句付けに言ってね。

鳳真基(伊藤諒)